聖籠町お正月公民館まつりは子供たちに大人気の楽しい行事

毎年恒例!聖籠町の「お正月公民館まつり」は、こま回しや羽子板、射的、福笑い、カルメ焼き作りなど、昔のお正月の遊びが体験できるとあって、子供に大人気の楽しい行事です。
蓮潟神楽の舞、餅つき大会、大カルタ大会、最後には富くじやおもちゃ抽選会もあって、
内容も盛りだくさん!
新潟県内の各自治体でも、こうした子供対象のお正月イベントは行われていますね。


事前に一人300両(300円)を添えて申し込めば、参加できます。(人数限定)
平成最後のお正月公民館祭りは、2019年(平成31年)1月14日(月曜日)に、
聖籠町町民会館体育館(アリーナ)で開催されました。

 

昔のお正月遊びが満載!楽しい~お正月公民館まつり♪

お正月公民館まつりは、私も子供が小学生のころ参加したことがあります。
昔のお正月遊びがたくさん体験できるとあって、いまどきの子供たちには新鮮に?映るようです。

「関所」と銘打った各遊び場で遊んで、最後に行われる「富くじ」の参加券をもらいます。

こちらは駄菓子屋さん。

 

こちらは福笑いのスペース。

 

射的は男の子に特に人気でした。

 

手前はメンコをしている様子、奥では羽子板の白熱した?ゲームが行われていました。

 

 

蓮潟神楽の舞が披露されました

蓮潟神楽(はすがたかぐら)は、聖籠町蓮潟地区に約270年ほど前から伝わる伝統芸能で、無形文化財となっています。
戦中~戦後は神楽を舞う人もいなくなり、一時途絶えたものの、昭和49年ころ地元の青年有志(蓮潟神楽保存会)が復活させ、現在まで40年以上続けられています。
お正月公民館まつりでは毎年おなじみ、今年も蓮潟神楽の勇壮な舞が披露され、参加者からは大きな拍手が送られました。

笛や太鼓の音に合わせ、ゆったりと勇壮な舞が繰り広げられます。
天狗が悪物をやっつけるようなストーリーのようです。

天狗とお獅子も対決?します。

蓮潟神楽の舞が終わると、これも毎年恒例のお獅子に頭を咬んでもらうサービスがあります。

お獅子に頭を咬んでもらうと頭がよくなる!?とあって、子供たちが行列を作って順番に、

頭をお獅子に咬んでもらっていました。

中には、子供と一緒に頭を咬んでもらうお母さんの姿も。

脈々と続く蓮潟神楽、これからも末長く続いてほしいですね!

 

餅つき大会で子供たちは大喜び♪

正午ごろになると、餅つき大会が始まります。
普段は杵と臼でもちをつくことなどめったにないので、子供たちは大はしゃぎです。
杵とウスでついた餅は、格別のおいしさです。

まずはふかしたもち米をウスに入れ、つきやすいようにならします。

子供たちが二人1組でキネを持ち、ぺったんぺったん餅つき体験です。
どの子も楽しそうでした。

お正月公民館祭りは正月明け、成人の日を含んだ3連休の日曜日に行われます。(今年は月曜日)
12月に入ると、参加申込受付が始まります。
申込みの時期等は各家庭に配布される「広報せいろう」を参照または、町民会館にお問い合わせください。

 

 

新潟県北蒲原郡聖籠町 お正月公民館まつり 詳細

時間:午前9時半から2時半
場所:町民会館
参加対象:幼児から大人まで(小さいお子さんは大人の付き添いが必要)
募集人数:先着250名
通行手形:300両(300円)(付添いの大人も300円が必要)
町民会館へ事前申し込みします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。