聖籠町には子ども医療費助成制度があります

聖籠町には子ども医療費助成制度があります。
0歳から高校卒業年度の3月31日まで、医療費の一部を町が助成するというもので、
以前は対象年齢が中学校卒業までだったのが、平成31年4月から高校卒業までに拡大され、
我が家も高校3年生の子どもを抱えているため、医療費の負担が少なくなり大変助かっています。

というのも、中学生や高校生は部活動で思わぬけがなどすることもありますし、
学校で風邪やインフルエンザが流行すると、瞬く間に感染して学校を欠席することも結構あります。
小さい子供よりは医者にかかる機会は減るものの、中高生も意外に病院通いすることは少なくありません。

他にも中高生は視力の低下で眼科にかかったり、アレルギー体質であれば耳鼻科や皮膚科に通うことも。
また最近ではいろいろな悩みを抱え、体だけでなく心の不調を訴えることも…

そんな18歳までの子どもの健康をサポートしてくれる、心強い味方が医療費助成制度です。

聖籠町の医療費助成制度

聖籠町在住の、0歳から高校卒業年度の3月31日までのお子さんの、医療費の一部を町が負担してくれます。
乳児(0歳~1歳)の場合は、出生届を町役場町民課に提出する際に、同時に医療費助成の申請手続きを行います。

対象者 高校3年生までの子ども
助成内容 通院・入院にかかる医療費の一部を助成。
文書代や健診代など保険適用外の費用は対象外となります。
<通院>
1日530円を超えた金額が助成されます。
医療費助成が適用され「子ども医療費受給者証」をもらうと、子供が病院にかかった時は530円の支払いで済みます。
薬局での調剤費は全額助成。
同じ医療機関に月2回以上かかった場合は、2回目以降の医療費は全額助成されます。
<入院>
1日当たり1,200円を超えた金額が助成されます。
*保険者が発行する「標準負担額減額認定証」を持っている方は、食事代も助成の対象になります。
助成の受け方 <新潟県内の医療機関>
医療機関の窓口で、「子ども医療費受給者証」を提示します。<新潟県外の医療機関または救急外来>
町保健福祉センター内の「保健福祉課」に申請して、助成金を支給してもらいます。
申請する際には、認印・子ども医療費受給者証・子どもの健康保険証・領収書・振込先口座の5点を用意しましょう。
申請には期限があり、受診した月の末日から6カ月間です。
(例:9月に受診した場合は、翌年3月末日まで)
医療費助成申請手続きに必要なもの 健康保険証と印鑑

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。