• HOME
  • ブログ
  • 医療
  • 聖籠町では定期予防接種は無料、任意予防接種は助成金がもらえます

聖籠町では定期予防接種は無料、任意予防接種は助成金がもらえます

聖籠町では定期予防接種は無料で受けられるほか、任意予防接種は申請すれば助成金がもらえることをご存じでしょうか?
予防接種には「定期予防接種」と「任意予防接種」があります。
BCGや水ぼうそうなどの定期予防接種は、決められた期間内に接種すれば無料でうけることができます。

また任意予防接種は有料ですが、一部の予防接種では接種費用の助成を町から受けることが出来ます。
インフルエンザの予防接種などは、子どもを含む家族全員で受けるとかなりの金額がかかりますが、費用を助成してもらえたらかなり助かりますよね~
予防接種を受けたら忘れずに町保健福祉センターへ申請し、費用の助成を受けるのがおすすめです。

定期予防接種について

BCGや4種混合など、生後2か月ころから始まる定期予防接種。
町から配布される接種券と予診票を持って、新潟県内の医療機関で各自が接種を受けます。
また県外で予防接種した場合は、接種したことを町に申請すると助成金がもらえる「聖籠町県外予防接種費用助成制度」があります。

<県外予防接種費用助成制度とは?>
里帰りなどで県外で予防接種を受けた場合、申請することで接種費用の助成が行われます。

対象となる予防接種は、
Hib、小児用肺炎球菌、B型肝炎、四種混合、BCG、麻しん・風しん、水痘(水ぼうそう)、
日本脳炎、二種混合、高齢者肺炎球菌など

接種日の時点で聖籠町内に住民登録がある方で、定期予防接種の対象年齢内に接種する場合に限ります。

手続き方法は?
予防接種を受けたら、6か月以内に町保健福祉センターで申請を行いましょう。

≪申請に必要なもの≫
・ 印鑑(認め印)
・母子健康手帳など予防接種の種類が分かるもの
・ 医療機関が発行した領収書(接種を受けた人の氏名が入っていること)
・ 通帳など振込先口座がわかるもの
※医療機関の領収書がないと助成を受けられませんので、なくさないよう大切に保管してください。

定期予防接種の種類

予防接種の種類 接種県・予診票の配布方法と時期
・BCG
・4種混合
・麻しん風しん1期
・ヒブ
・小児肺炎球菌
・水痘(水ぼうそう)
・B型肝炎
保健師による2か月児訪問の際手渡し。
日本脳炎1期 3歳児健診の時に手渡し。
麻しん風しん2期 6歳になる年度の4月に郵送。
日本脳炎2期 9歳になる年度の4月に郵送。
2種混合 12歳になる年度の4月に郵送。
各種予防接種の詳細
BCG 【接種対象者】1歳未満
【接種方法】1回
4種混合 【接種対象者】生後3か月~7歳6か月未満
【接種方法】
<初回>20~56日(3~8週)の間隔をおいて3回接種
<追加(4回目)>3回目より6か月以上の間隔をおいて1回接種
麻しん風しん1期 【接種対象者】生後12か月~24か月未満
【接種方法】1回接種
ヒブ 【接種対象者】
接種開始年齢が生後2か月~7か月未満
【接種方法】
初回接種 3回 (27日~56日の間隔)
追加接種 1回 (初回終了後7か月~13か月の間)【接種対象者】
接種開始年齢が生後7か月~12か月未満
【接種方法】
初回接種 2回 (27日~56日の間隔)
追加接種 1回 (初回終了後7か月~13か月の間)【接種対象者】
接種開始年齢が1歳~5歳未満
【接種方法】
初回接種 1回
小児肺炎球菌 【接種対象者】
接種開始年齢が生後2か月~7か月未満
【接種方法】
初回接種 3回 (27日以上の間隔で生後12か月まで)
追加接種 1回 (初回終了後60日以上の間隔で1歳3か月まで)【接種対象者】
接種開始年齢が生後7か月~12か月未満
【接種方法】
初回接種 2回 (27日以上の間隔で生後12か月まで)
追加接種 1回 (初回終了後60日以上の間隔で1歳以降)【接種対象者】
接種開始年齢が1歳~2歳未満
【接種方法】
初回接種 2回 (60日以上の間隔)
追加接種 なし【接種対象者】
接種開始年齢が2歳~5歳未満
【接種方法】
初回接種 1回
追加接種 なし
水ぼうそう(水痘) 【接種対象者】
1歳~3歳未満
【接種方法】
2回接種 (3か月以上の間隔)
B型肝炎 【接種対象者】
1歳~3歳未満
【接種方法】
2回接種 (3か月以上の間隔)
日本脳炎1期 【接種対象者】
生後6か月~7歳6か月未満
【接種方法】
<初回>6~28日(1~4週)の間隔をおいて2回接種
<追加>1回接種
*平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれた方は、この時期積極的接種推奨を行っていなかったため、20歳までの間は定期接種として無料で受けることが出来ます。
麻しん風しん2期 【接種対象者】
5歳以上7歳未満(こども園年長児)
【接種方法】
1回接種
日本脳炎2期 【接種対象者】
9歳以上13歳未満
【接種方法】
1回接種*平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれた方は、この時期積極的接種推奨を行っていなかったため、20歳までの間は定期接種として無料で受けることが出来ます。
2種混合 【接種対象者】
11歳以上13歳未満
【接種方法】
1回接種

任意予防接種の種類

各自が任意で受けられる下記の予防接種は、接種後町保健福祉センターへ申請すると、接種費用の一部を町が負担してくれます。

インフルエンザ
(接種時期10月~3月)
【生後6か月~小学生】
1,500円(上限)×年度2回
【中学生】
1,500円(上限)×年度1回
【妊婦(妊娠届出日~出産日)】
1,500円(上限)×年度1回
ロタウイルス
2回接種ワクチン(ロタリックス)
【生後6週~24週の乳児】
7,500円(上限)×2回
【生後6週~32週の乳児】
5,000円(上限)×3回
おたふく風邪(流行性耳下腺炎) 【1歳~就学前】
2,000円(上限)×1回

*接種費用が上限に達しない場合は、全額支給されます。

助成申請の期限や申請方法は?

接種後6か月以内に、必要な下記のものをそろえて申請します。
申請書は町保健福祉課の窓口においてあるほか、町HPからダウンロードできます。

>>こちら
聖籠町予防接種料助成申請書
聖籠町県外予防接種費用助成申請書

また複数回予防接種を受けた場合でも、申請は1回でOKです。

任意予防接種助成費用申請で必要なもの
・印鑑(認め印)
・ 母子健康手帳(受けた予防接種の種類が分かるもの)
・ 医療機関が発行した領収書
(予防接種を受けた人の名前が入っていること。領収書がないと助成金がもらえませんので、なくさないように)
・ 通帳など振込先口座がわかるもの

予防接種費用助成に関する問い合わせ
聖籠町保健福祉課(保健福祉センター内) 予防接種費用助成担当
0254-27-6511

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。