気温マイナス3度以下で水道管の凍結!?水道管凍結防止対策教えます

聖籠町でも冬は気温が下がり、日中でも0度の真冬日になることもしばしばです。
夜間は氷点下に気温が下がり、強烈な寒波がやってくるとマイナス10度くらいにまで気温が下がることもあります。
そんな時気をつけておきたいのが、水道管の凍結事故です。
給水管(水道管の立ち上がり)や蛇口が凍って水が出なくなったり、破裂したりすることも…
水道管の凍結は前もって対策しておけば、防ぐことができます。

水道管の凍結防止対策

キッチンやお風呂場などの室内の水道は、鉛筆の芯くらいの太さの水、またはぽたぽたと滴が垂れるくらいに水をちょろちょろと出してから就寝することをお勧めします。
これだけで水道管の凍結はかなり防止できます。
朝起きたら水道が凍って水が出ない!!と言うことは避けたいですよね。

また屋外の水道で、特に保温などしていない野ざらしの場合は、専用の保温材(水道管凍結防止カバー)や水道管凍結防止ヒーターを取りつけておきましょう。
水道管に保温材を巻きつけ、ビニールテープを貼って固定すればOKです。

水道管が凍って水が出なくなったら

水道管が凍結して水が出なくなったら、まず蛇口を全開にします。
凍った部分にタオルなどを布をかけ、蛇口の方から50度前後のお湯をゆっくりとかけます。
熱すぎるお湯だと水道管が壊れてしまいますので、ご注意ください。
またいきなり熱湯をザバザバかけてしまうと、やはり水道管にひびが入ったり破損してしまいます。

水道管が破裂またはひび割れしてしまったら

水道のメーターボックス内の「止水栓」を右に回して、水を止めます。
そして聖籠町指定給水装置工事業者に修理を申し込みましょう。
指定業者名簿は>>こちら

もしかして水漏れしてる?と思ったら

水道栓を閉め、メーターボックス内にある水道メーターが動いているかどうか確認します。
メーターが動いている場合水漏れの可能性がありますので、聖籠町指定給水装置工事業者に修理を依頼しましょう。

*広報せいろう2019年12月号を参考にしました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。