聖籠町ロックの祭典【聖ロック6th】熱いライブで盛り上がれ~

聖籠町のロックの祭典【聖ロック6th】が、2019年2月24日日曜に、聖籠町文化会館で開催されました。
新潟市など、聖籠町近郊で活動しているバンドやグループ、個人がカバー曲やオリジナル曲を演奏する
熱~~いライブです。
入退場自由・入場無料で演奏を楽しむことができます。

聖ロックに出場するバンドは?

聖ロックの参加するバンドやグループは、いろいろなジャンルを演奏します。
6回目を数える今回は、15組が参加しました。
音楽ジャンルは、ジャズやフュージョン、昭和歌謡、アコースティック、ブルース、ロックなどで、
邦楽あり洋楽あり、BOOWY(ボウイ)など有名アーティストのカバー曲あり、またオリジナル曲を演奏する
シンガーもあり、本当にいろいろな音楽が楽しめます。

中にはバーやカフェ、デイサービス、路上でもライブを行っている方、
若いころから本業の傍ら、ずっと演奏活動を続けているセミプロ演奏家もいらっしゃって、
一見ならず一聴の価値大のロックフェスです!

聖ロックの見どころは?

どのバンドやグループも、この日に向けて練習を積み重ねてきただけあって、かなり聞きごたえはあると思います。

各出演者の演奏時間は約30分、朝11時から開演で一番最後のバンドが出てくるのは18時30分と、
一日がかりです。
お目当てのバンドやグループだけを見るもよし、朝から晩までずーっと音楽を聞きたいという方は、
もちろん最初から最後まで観覧してもOK。

聖ロックでこんなバンドの演奏を聞きました

私は昼過ぎに行ってみたのですが、まさに熱いライブの実演中でした。

アコースティック、ブルースを演奏した2人組「いえとも」。↑

前日に出演がキャンセルとなったバンドの代打で登場した、個人シンガーの「村じい」さん。↑
新潟市のライブハウスで定期的に活動しているそうで、関西系のブルースをじっくり聞かせてくれました。

個人シンガーの「かつお」さんと「あや」さん、
聖籠町内の小学生対象の「週末体験クラブ」のキッズメンバー3名でオリジナル曲「明日のページ」を
歌ってくれました。↑

引き続き「かつお」さんと、新潟市の実力派アマ「川村よしろう」さんが登場し、
息のあったデュエットを聞かせてくれました。
2人は30年来の知己だそうです。

80年代の超人気バンドBOOWYのコピーバンド「Back To The 80’s」。↑
アコーステック演奏が続いた後なので、バンドの演奏は若い人たちを中心に盛り上がりました。

時間の都合でここまでしか見られなかったのですが、他にもいろいろなバンドや個人シンガーの演奏を聴くことができるのが「聖ロック」です。

来年もし開催されれば7回目、プロの歌手のコンサートも開かれる音響設備の整った文化会館での
聖籠ロックの祭典「聖ロック」、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。