カラス・ムクドリ・ハクビシンなどの害獣被害で困っていませんか?

聖籠町では害獣被害の話もちらほら聞かれます。
カラスがごみ置き場を荒らしたり、ムクドリが大量に飛来し糞を落としたり、スズメバチが軒下や屋根裏などに大きな巣を作り住みついたり、ハクビシンに畑を荒らされたり・・・
害獣被害で困っていませんか?

聖籠町産業観光課では、「聖籠町超重防止被害実施計画」が作成され、害獣被害防止対策を実施しています。

聖籠町での害獣被害傾向を調べてみると…

カラス・ムクドリ
町内に広く生息し、稲や野菜、サクランボ、ブドウ、ナシなどの果樹に食害を与える恐れが。
果樹は聖籠町の貴重な観光資源の1つなので、聖籠町鳥獣被害対策実施隊の活動により被害は抑えられている。

ハクビシン・タヌキ
農作物を食い荒らすなど、食害を与えるおそれあり。聖籠町鳥獣被害対策実施隊の活動により被害は抑えられている。

ニホンジカ・イノシシ
平成26年12月下旬にイノシシ、平成27年12月上旬にニホンジカの目撃及び捕獲情報。
以後はそうした報告はないものの、上越市では町の中心地付近で出没するなど、他の市町村では目撃情報があるため、聖籠町でも今後ないとは言い切れない。

他にもアライグマやイタチなどの被害もあります。

鳥獣だけではない!聖籠町でも害獣被害が続出

町では、銃器や箱罠による捕獲で鳥獣駆除を行ってきましたが、被害をもたらすのはカラスやムクドリなどの鳥類だけではありません。
全国的にみれば、ハクビシンやタヌキ、イノシシ、イタチによる被害はもちろん、空き家ではネズミが住みついたり、屋根裏にコウモリが住みついたり、スズメバチが古木や廃屋に巣をつくったり、床下に白アリが繁殖して住宅の木材が食い荒らされたり、とさまざまな害獣被害が報告されています。

特に困っている方が多いのは、害獣のフン害や屋根裏の騒音、畑の農作物やキッチンの食料を食い荒らされる、住宅の損壊、自宅のペットが襲われるなどです。

害獣は自分で退治できるの?

害獣退治に関する知識がほとんどない素人では、かえって危険を伴うことでしょう。
捕まえようとしてけがをしたり、罠などを仕掛けるのに費用がかかったり、といいことはさっぱりありません。

ちなみに、ハクビシンやイタチなどの獣類は、鳥獣保護法という法律で保護されており、無許可で駆除することが禁止されています。駆除する場合は、国や市町村などの各自治体の許可を得なければできません。

じゃあ害獣退治はどうすればいい?

害獣駆除はズバリ、プロにおまかせするのが安心です。
プロに頼むメリットはたくさんあります。
・害獣を徹底駆除、二度と害獣が出現する可能性が低くなる。
・害獣駆除を自力でやるなら、道具や薬剤など自分で探して揃えなくてはならない。
・自分で退治する際の時間やコストが省ける。
・プロの仕事なら、自分でやるより危険を軽減できる。

聖籠町や新発田市で害獣駆除の会社はあるの?

白アリ駆除の会社は新発田市や新潟市などにあります。
スズメバチの駆除は、町から補助金が出ます。(駆除1件につき2万円を限度)
日本全国24時間365日受付対応の全国大手の【ハチ110番】と言う会社が、危険なハチ被害に迅速に対応します。イメージキャラクターにはあのキャイ~ンを起用していますよ。

害獣駆除はどこに頼めばいいの?

害獣退治って、料金がわかりにくくない?頼むと高額請求されないか心配…
そう思っていませんか?
屋根裏に潜むハクビシンなど害獣被害をストップ!害獣駆除のプロが多数活躍中の【害獣駆除110番】がおすすめです。

【害獣駆除110番】は、
害獣駆除13,000円~と低価格、追加料金不要でわかりやすい安心な料金体系です。
害獣駆除の方法としては、害獣を傷つけず「追い出す」やり方で、害獣に汚された箇所の「清掃・消毒」まで行います。
日本全国・年中無休・24時間対応で、困ったらいつでも依頼OK。
現地調査は無料。
運営会社の「シェアリングテクノロジー株式会社」は東証上場企業ですので、安心です。

公式サイトはこちら↓↓↓

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。