新潟県魚沼コシヒカリが2018年度産米食味ランキングで特Aに返り咲き!

新潟県魚沼コシヒカリが、2018年度産米食味ランキングで最高評価の「特A」に見事返り咲きました!
コシヒカリは魚沼産のほか、上越・中越・佐渡のコシヒカリがそれぞれ特A入りしています。

魚沼産コシヒカリ、2017年度はAランクに転落…

魚沼コシヒカリは昨年2017年度は、2番目の「A」ランクに転落してしまい、
お米王国新潟県民の中には、 がっかりした方も多かったのではないでしょうか?

魚沼コシが1年で特Aランクに復帰しうれしい限りですが、その要因として産地の栽培管理や指導の立て直しが功を奏したといわれています。

米の食味ランキングは、公的機関・日本穀物協会が全国のコメを特A、Aなど5段階で格付けするもので、
外観や味、粘りなどの6項目を評価対象としています。

ちなみに下越コシヒカリは昨年特Aだったのが、2018年度はAに陥落。
岩船コシヒカリは昨年同様、Aランクでした。
こしいぶきはAダッシュの評価を獲得しています。

2018年度産のランキングでは全国の154銘柄を評価したところ、過去最多数の55銘柄が特Aを獲得しました。
新潟のお米はおいしいと全国的に昔から評価は高いですが、他県もおいしいお米作りに日々努力しているので、うかうかしていられません。(汗)

新潟県の新ブランド米・新之助の食味ランキングは?

ところで新潟県で最近大人気の米の新ブランド「新之助(しんのすけ)」、
実は食味ランキングに参加していません。
全国的なブランド米に育て上げるため、戦略が他の産地とは違うためだそうです。
あえて食味ランキングに参加せず、一大ブランド米に成長させる、という手もありですね。

新之助はご存じの通り、赤と白のパッケージが斬新なイメージ。
見た目にもおめでたい印象で、結婚祝いや出産祝いなどの贈答品にも使われることが多くなっています。

新之助の特徴として、
・食味の要素がすべてトップレベル!
・ツヤがあって大粒、おいしいお米
・ほんのりとした香り、豊潤な甘みとコク、しっかりした粘りと弾力あり

ネット通販のアマゾンでも気軽に買うことができ、人気上昇中です^^
普通の白米から無洗米まで、重量も2キロ、5キロ、10キロ(5キロ×2)と揃っていて、生活スタイルや家族構成に合った新之助を購入できます。

新之助 商品一覧はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。