民法改正で18歳からが新成人に・高額商品の購入や契約のトラブルは「消費生活センター」へ相談できます

令和4年4月1日から民法改正により、成人年齢は20歳から18歳へ引き下げられます。
つまり18歳以上の方は、高校生であっても大人の仲間入りを果たします。
ここで気をつけたいのが、高額商品の購入や契約時のトラブルです。

高校生でもローンやクレジットカードOKに

18歳以上が法律上大人となると、高校生でもローンを組んで買い物したり、クレジットカードの契約も可能になります。
今までは保護者の同意がなければ、ローンやクレジットカード解約や高額商品の購入ができず、
未成年の契約は取り消しが可能でした。

でも、令和4年4月1日から法律が施行されれば、すべて自分の責任になります。
18歳以上が成人となることでで、商品の購入や契約に関するトラブルに巻き込まれるケースが増えることが心配されます。

購入や契約を巡るトラブル・どんなものがあるの?

儲け話に誘われ、借金してまで契約をしてしまった。

SNSで知り合った人から、儲け話に誘われた。
契約したが、実際には儲からなかった。

エステサロンの無料体験の後、しつこく高額コースの勧誘をされ、契約してしまった。

低価格の商品を購入、1回だけの注文だと思ったが、実は定期購入で高額な代金を支払うことに・・・

契約や購入時のトラブルを防ぐには?

二十歳前後、18歳や19歳の若者が、高額な商品購入や契約のターゲットになっていることも・・・
これって大丈夫かな?」と慎重に考えましょう。

甘い言葉にご用心

「すぐ儲かる」「簡単に稼げる」「あなただけの特別サービス」などの言葉にご用心、
うまい話などありません

即決しない

購入するときや契約するときは、すぐに決めない・即決しないことです。
面倒でも、契約書は細かい部分までよく確認しましょう。

SNSを通じて知りあった人、もしかしたらその人は本人ではなく、別な人かもしれません。
すぐに相手を信用しないこと。

商品を購入する際、ローンやクレジットできちんと一人で支払えるか、よく考えましょう。
商品代金だけでなく、利息も含めての金額を支払うことを忘れずに。

冷静に対応

契約を急がされた、いったん断りましょう。すぐに決めなくても大丈夫です。
「期間限定」「何月何日でキャンペーンが終了する」などの言葉にも惑わされずに。

ネットで商品購入やサービスの契約をする場合は、契約書をスクショして保存しておくと良いでしょう。

「おかしいな?」「怪しいな?」と思ったら、家族や友人、または消費生活センターへ相談しましょう。

消費者ホットラインをご存じですか?

商品の購入や契約に関するトラブルの電話相談「消費者ホットライン」をご存じですか?
困ったときには、「188」へ電話しましょう。

消費者ホットライン
電話番号は、市外局番なしの188(いややと覚えてくださいね)

消費者トラブルに遭遇した場合はもちろん、契約前にも電話で相談が可能です。
相談を受け付けてくれるのは、専門の消費生活相談員です。
相談者と相談内容の秘密は、固く守られますのでご安心ください。

料金はかかるの?

通話料金はかかりますが、相談料は無料です。

聖籠町の消費生活センターへつながります

消費者ホットライン「188」へ電話すると、聖籠町の消費生活センターへつながります。
0254-27-1958
聖籠町以外でも、お住まいの地域の消費生活センターへ電話をつないでくれます。

聖籠町消費生活センター受付時間と休業日

受付時間:月曜~金曜 午前9時~午後4時まで。(12時~1時までは昼休み)
休業日:土日祝日。年末年始(12月29日~1月3日まで)。

聖籠町の消費生活センターホームページ>>こちら

*広報せいろう 令和4年3月号を参考にしました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。