2歳未満の乳幼児にマスクをさせると危険って本当?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、老若男女マスクをつけるのがもはや一般常識のとして浸透している感のある今日この頃ですが、逆に2歳未満のお子さんにマスクは不要は危険なことをご存じでしょうか?
日本小児科医会がホームページで見解を公表、窒息や熱中症のリスクがあるためマスクの着用は不要としています。

2歳未満の子供にマスクが危険ってどういうこと?

2歳未満のお子さんは、大人に比べ気管が狭くマスクをすると呼吸しにくくなります。
呼吸しにくくなると、
・マスクそのものや嘔吐物で窒息の恐れがある。
・心臓への負担が増す。
・マスクすることで熱がこもり、熱中症の危険性がある。
・マスクで顔を覆っていると、顔色や表情などの変化に気づきにくく、体調不良であっても見過ごしてしまうことも…
乳幼児のマスク着用はリスクの方が多そうですね。

乳幼児は新型コロナウイルスのリスクは少ない

子どもが新型コロナウイルスに感染するケースは少なく、感染してもそのほとんどが同居家族からの感染といわれています。
新型コロナウイルスの感染で子どもの重症例はほとんどなく、幼稚園や保育園保育所などでの集団感染(クラスター感染)の発生例もないそうです。
また、新型コロナウイルスに感染した女性が妊娠や出産した場合の母子感染はまれであり、重症化例は今のところ報告がありません。
新型コロナウイルスによる感染症に関しては、子どもは今の時点ではあまり心配がないようです。
アメリカ小児科学会も赤ちゃんや乳幼児のマスク着用は危険である、と警告しています。
赤ちゃんや乳幼児はマスクよりも、手指をきれいにしてあげるほか、身の回りのものや家の中など、子どもが触りそう箇所の除菌をする方がいいのかもしれません。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。