もしかして家の中に盗聴器があるかも…盗聴や盗撮被害を防ぐ方法

新潟県内でも盗聴や盗撮の被害は日々、発生しています。
聖籠町は田舎だからと油断はできません。自分が気がつかないうちに家の中に、
盗聴器が仕掛けられることもありうるのです。もし自宅から盗聴器が発見されたら…と思うとぞっとしませんか?

盗聴は現在の日本の法律では、盗聴器の販売や購入、設置だけでは罪にはなりませんし、
盗聴波を傍受して、他人の会話を盗み聞きしただけでも罪にはなりません。
盗聴器を仕掛けるために、他人の家に侵入したり、盗聴した内容を第三者に漏らした、
恐喝やつきまといの材料に使った、と言う場合は罪になります。

よって盗聴器を仕掛けるだけでは今現在は犯罪にはならないので、盗聴が横行しやすいのかもしれません。
しかし盗聴器で自分の会話を盗み聞きされ、何かに利用されるかと思うと、恐ろしくなります。
ここでは、盗聴や盗撮被害に遭わないための方法と対策を考えます。

最近なんだか監視されている気が…そんなあなたへ【盗聴器発見110番】

盗聴器が仕掛けられる場所は?

いつ誰が、何の目的で盗聴器を仕掛けるのか?
それはあなたの普段の行動を探るため、また何かの営利目的でと言う場合もあるようです。
いずれにしても、まったく気がつかないうちに家の中に盗聴器が持ち込まれていたら…

よくテレビでも盗聴器発見のプロが、家の中に仕掛けられた盗聴器を探してみつけるという番組がありますが、

盗聴器は映画やドラマだけの世界のことではなく、現実にはびこっています。
盗聴器は秋葉原などの電気街でも「送信機」や「情報通信機」として取り扱われ、
比較的安く買うことができます。
盗聴器を仕掛ける方法として挙げられるのは、自宅の無料点検などと称した業者を装い自宅に上がり込む。
また留守中に、無施錠なのをいいことに自宅に侵入して仕掛けるなどの手口で、あなたが気づかないうちにささっと盗聴器を仕掛けます。
盗聴器は、電気のコンセントや電話線の両端についている四角い端子(コネクター)に仕込まれたり、
壁掛け時計やポスター、絵画などの裏につけたり、テーブルの下やテレビ、エアコンの裏、天井裏、照明器具の裏などに巧妙に隠されることが多くなっています。


盗聴器は小さくても性能は抜群で、非常に精巧に作られています。
またICレコーダーや携帯音楽プレーヤーなどを使った盗聴行為も増えており、
いずれにせよ盗聴機器はあなたの普段の生活の中に入り込み、あなたの会話や生活音は相手に筒抜けに…

卑劣な盗撮行為、盗撮カメラが仕掛けられる場所は?

盗撮カメラと言えば、最近はスマートフォンが使われることが多くなっています。
高性能なカメラ機能つきでしかも、シャッター音が出ないようなものもあるので、気がつかないうちに盗撮されていた、と言うこともあり得ます。
また盗撮器は家の中だけに限らず、あらゆるところに仕掛けられている場合があります。


更衣室や、公衆トイレ、公共施設のトイレに、盗撮カメラが仕掛けられていたというニュース、聞いたことがあるかと思います。
こうした場所で女性が無防備になっている姿を盗み撮りするのですから、卑劣極まりありません。
また銀行など金融機関やコンビニのATM付近に盗撮カメラを仕掛け、
暗証番号やカード番号を盗み見るという行為も横行しています。
盗撮カメラも盗聴器同様、非常に小さく高性能で、わずか1ミリほどの穴にでさえ仕掛けることが
可能なものも。
しかも電池がなくなるまで画像を撮影し送信し続ける盗撮カメラもあれば、壊れるまでずっと盗撮を続けられるタイプのカメラもあり、考えると非常に恐ろしいものです。

>>最近なんだか監視されている気が…そんなあなたへ【盗聴器発見110番】

盗聴・盗撮被害を防ぐ方法

まずむやみに他人を家の中に入れない、と言うことが挙げられます。
突然訪問してきた業者や営業マンなど、知らない人であれば家に上げないようにしましょう。
また合鍵は、他人に貸したり渡したりしてはいけません。
たとえ仲の良い人であっても、です。
複製しにくいタイプのカギを使うこともおすすめです。

盗聴器や盗撮カメラが家の中に仕掛けられた時、エアコンや室内照明器具、換気扇の後ろやコンセントの中など、意外な場所から出てくることがあります。
万が一置かれた盗聴器や盗撮カメラを見つけるには、こうした箇所の掃除をすることです。
掃除ついでに実は盗聴器や盗撮器が見つかった、と言う場合は警察に届け出ましょう。

前述しましたが、空き巣ついでに盗聴器や盗撮カメラなどを仕掛けられないよう、出かける際は短時間でもしっかり鍵をかけましょう。
ドアや玄関戸はもちろん、各部屋や浴室、トイレなどの窓も施錠します。
特に女性の一人暮らしは、在宅時でも鍵は掛けておいた方がよいでしょう。

外出時には、周囲の様子に常に気を配りましょう。
盗撮されているかも…などとは考えたくありませんが、立ったりしゃがんだり座ったりするときは気をつけましょう。
また普段聞かないような音を聞いたり、不審な動きをしている人がいれば注意しましょう。
歩きながら音楽を聴く、また歩きスマホをしていると、周囲の様子がわからずいざというとき大変なことにもなりかねません。
盗撮や盗聴だけでなく、事故や痴漢、ひったくりなどの犯罪から身を守るためにも、常に自分の周りの様子には気を配りたいものです。

家の中に盗聴器があるかも…と思ったらすぐ連絡しましょう【盗聴器発見110番】↓↓

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。