聖籠町では毎年6月に【児童手当】現況届の提出が必要です

聖籠町では、0歳から中学生まで(中学校修了年度の3月31日までの間)のお子さんをお持ちのご家庭に【児童手当】が支給されています。担当部署は「子ども教育課・子ども・子育て支援係」です。
児童手当を継続的に受給するには、毎年6月に「現況届」を町に提出する必要があります。

児童手当は受給手続きが必要

児童手当は0歳から中学生の子供がいれば自動的に支給されるわけではなく、受給手続きが必要です。

具体的に受給対象となる方は、
・中学校修了前の児童を養育している。
・聖籠町に住民登録がある。
*父母がともに児童を養育している場合は、原則として生計中心者(恒常的に所得の高い方)が対象。

受給手続きをするタイミングは、赤ちゃんが生まれたとき(出生)や引っ越しで聖籠町に転入してきたときなどです。
また逆に、引っ越しで聖籠町から他の都道府県、市区町村へ転出する場合は、聖籠町での受給資格がなくなりますので、こちらも手続きが必要です。

児童手当受給手続きはいつするの?

【赤ちゃんが生まれたら】
生まれた日の翌日から数えて、15日以内に申請します。
申請が遅れた場合、その月分の手当は受給できなくなりますので、注意が必要です。

【引っ越しで聖籠町から転出したとき】
転出した日(=受給資格がなくなった日)の翌日から数えて、15日以内に手続きします。

児童手当は一人当たり月額いくらもらえるの?

子どもの年齢(何番目の子か) 月額(所得制限限度額未満) 所得制限限度額以上(特例給付)の場合
3歳未満 15,000円 5,000円
3歳から小学生未満(第1子、2子) 10,000円 5,000円
3歳から小学生未満(第3子以降) 15,000円 5,000円
中学生 10,000円 5,000円

児童手当は受給者の前年の所得により、支給額が異なります。
受給者の所得が「所得制限限度額以上」(つまり所得が多い)の場合、支給額は児童の年齢等に関わらず、児童一人当たり月額5,000円となります。
これを【特例給付】と呼んでいます。

所得制限限度額とは?

令和3年度(令和2年分)の所得制限限度額は下記のようになっています。

扶養親族の数 所得額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

*申請者の前年分(1月から5月の手当については前々年分)の所得が対象となります。

児童手当受給には毎年現況届の提出が必要

児童手当をもらう場合、毎年6月に「現況届」を町に提出する必要があります。
現況届を提出しないと、その年の6月分以降の児童手当がもらえなくなります。

現況届に関する書類は、6月上旬に聖籠町子ども教育課から対象者に郵送されます。
現況届の用紙に間違いや記入漏れがないよう、また必要書類を添付し、期限日(2021年は6月30日水曜日まで)までに同封された返信用封筒を使って郵送します。
または子ども教育課窓口で直接提出も可能です。

児童手当に関する問い合わせは
子ども教育課 子ども・子育て支援係 内線307

継続して児童手当が支給されるよう、現況届は忘れずに!

>>こちらもご覧ください。児童手当受給の手続き方法や必要なもの

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。