すぐに害獣ハクビシンを駆除したい!【害獣駆除110番】は年中無休、低価格で追加料金なし

ハクビシンの被害にお困りですか?
厄介なハクビシンを自分で駆除するのは大変です。
被害が大きくなる前に、ハクビシンを完全駆除しませんか?
ハクビシン駆除のプロである専門駆除業者で、年中無休の害獣駆除のプロ【害獣駆除110番】の口コミをご紹介します。

天井や床下から物音が!?
ハクビシン駆除料金13000円~、追い出しから清掃・消毒まで頼めます!
こちらをタップ>>害獣駆除ならプロにお任せ【害獣駆除110番】

ハクビシンの特徴

ハクビシンの被害が新潟県内はもちろん、聖籠町でも発生しています。
今年は長岡市でハクビシンの被害が多く発生しているとのニュースを耳にしました。

農家の畑や家庭菜園の作物を食い荒らしたり、時には屋根裏などに入り込み騒ぐこともあるハクビシン。
ハクビシンは食肉目ジャコウネコかに属する動物で、外来種です。
額から鼻にかけて白い線があり、手足が黒い体長は50cm~100cmほどで、体重は3~4キログラム、
尻尾は30cmほどと長いのが特徴です。

ハクビシンは人々が寝静まった夜に活動する夜行性で、対策の難しい動物の一つです。
ハクビシンの前足後ろ足はすべて5本指のため、大変手先が器用でどこでも簡単に上りついたり、入り込んだりしてしまいます。
食欲旺盛で基本的に何でも食べ、繁殖力が強いのも特徴の一つです。
ちなみにハクビシンは、東京23区内や横浜など大都市圏でも目撃されています。

農作物を食い荒らしたり、家の中や屋根裏、納屋などに侵入し糞をするハクビシン、
大変迷惑な存在ではありますが実は「鳥獣保護法」で保護されている動物の一つで、
むやみに捕獲してはいけないことになっています。
なんとも厄介な動物です・・・

ハクビシンの駆除は自分でできるの?

ハクビシンを捕獲することは法律で禁止されており、素人が駆除することはできません。
よって、
・ハクビシンが畑や家の中などに侵入しないようにする
・ハクビシンを追い出す
・ハクビシンが寄り付かないような環境を作る
など、捕獲以外の方法で被害を防ぐという【発想の転換】が必要のようです。
具体的にどのようにしたらいいか、下記にご紹介します。

>>ハクビシンの駆除ならプロにおまかせ!こちらをタップ>>害獣駆除ならプロにお任せ【害獣駆除110番】

ハクビシンのエサになるようなものを畑などに置かない

エサになりそうなものがあるところにハクビシンは必ず現れます。
畑に廃棄した野菜や生ごみ、落ち葉など置きっぱなしにしていませんか?
生ごみや野菜くずは片付けて、放置しないようにしましょう。
畑などにごみを置く場合はむき出しにせず、ゴミ箱や生ごみストッカーなどに入れておきましょう。

ハクビシンの隠れ場所を作らない

ハクビシンは警戒心の強い動物で、枯れ枝や落ち葉の溜まった場所に潜むことが多いようです。
ハクビシンが身を隠す場所を作らないようにすると、ハクビシンを追い出すことができます。

また雑草が生い茂っている場所も、ハクビシンにとっては隠れ場所に好都合のため要注意!
畑や庭の雑草はこまめに刈り取る、枯れ枝や落ち葉は片付けるようにしましょう。

ハクビシンが侵入する穴をふさぐ

ハクビシンは直径8~9センチほどの穴や、6センチ×12センチほどの縦長の穴でも上手に?侵入してしまいます。
「これくらいの隙間、大丈夫じゃない?」
と思わず、ハクビシンの侵入口になりそうな穴や隙間はすべてふさぎましょう
穴のふさぎ方は、板を張り付けたりネットを張ったりなど様々ですが、いずれも釘で打ち付けたり、ワイヤーでくくり付けたりなど、強力にふさぐのがおすすめです。
というのもハクビシンは結構力があり、しかも器用に前足後ろ足の五本指を使って、簡単に板やネットを外してしまうからです。

屋根にかかる木の枝を切る

ハクビシンは運動神経もかなり良くて?、細い木の枝を伝い屋根に上りつきます。
屋根に上がったら屋根裏に侵入し、そこを住みかとしてしまうこともあります。
屋根裏で走り回ったりフンをしたり、最後にそこで死んでしまうと死骸が残り腐敗することも…
こんなことにならないためにも、ハクビシンが屋根裏に侵入することは防ぎたいものです。
そこで屋根まで伸びる木や枝は切り落としてしまいましょう。

強いにおいで寄せ付けない

ハクビシンは嗅覚が敏感で、強いにおいに反応します。
ハクビシンなどの獣除け線香忌避剤を置くのも効果があるとされています。
ただ忌避剤などはかなり臭いがきつく、犬や猫などペットを飼っている方は注意が必要です。

低価格でハクビシン撃退!【害獣駆除110番】の口コミ

家の周りや庭、畑などを片づけたり、草を刈ったり、枝を剪定したりなどは素人でもできるハクビシン対策ですが、それでもハクビシンを完全に撃退できるわけではありません。
また前述したように、ハクビシンは鳥獣保護法で守られている動物なので、捕獲は禁止されています。
そこでおすすめなのが、害獣駆除のプロにハクビシン駆除を頼むことです。

利用シェアNo.1の害獣駆除サービス「害獣駆除110番」は、東証上場企業「シェアリングテクノロジー株式会社」がweb運営するサービスです。

「害獣駆除110番」は、
・日本全国・年中無休24時間対応
現地調査は無料
・害獣駆除「13,000円〜」という低価格追加料金不要の安心な料金体系
・害獣を傷つけない「追い出し」から、害獣に汚された箇所の「清掃・消毒」までやってくれる
安心の業者です。

天井や床下から物音が!?
ハクビシン駆除料金13000円~、追い出しから清掃・消毒まで頼める業者があります。
こちらをタップ>>害獣駆除ならプロにお任せ【害獣駆除110番】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。