聖籠町議員選2019が告示、選挙運動がスタートしました

2019年8月20日、聖籠町の町会議員選挙が告示されました。
定数14に対して、16名の立候補者が出て、2人超過となっています。
投票日は8月25日(日曜日)、投票時間は午前7時から午後8時まで。
即日開票され聖籠町の新しい町議が決まります。

立候補者の内訳は、現職13人、新人3人、所属党派別では無所属が15人、日本共産党が1人です。
聖籠町の8月19日現在の有権者数は、1万1525人です。

聖籠町議選立候補者名

(届け出順)

立候補者 年齢 職業 党派など
中村恵美子 60 町議 共産・現職【6】
手嶋満 61 住職 無所属・新人
伊藤千穂 47 会社員 無所属・新人
長谷川六男 65 町議 無所属・現職【1】
宮沢光子 66 町議 無所属・現職【4】
宮沢さやか 39 言語聴覚士 無所属・現職【1】
小川益一郎 81 行政書士 無所属・現職【6】
須貝龍夫 67 町議 無所属・現職【6】
渡辺豊 69 町議 無所属・現職【1】
高崎美由貴 44 会社員 無所属・新人
田村冨美男 69 町議 無所属・現職【4】
青木順 38 町議 無所属・現職【2】
五十嵐利栄 76 農業 無所属・現職【4】
小川勝也 65 町議 無所属・現職【1】
高松守雄 67 町議 無所属・現職【3】
田中智之 54 会社役員 無所属・現職【2】

*【】内は当選回数。

2019年聖籠町議選のポイント

前年2018年聖籠町では町長選が行われ、現職(当時)の渡辺広吉氏を新人で副町長(当時)の西脇道夫氏が破り、24年ぶりに新町長が誕生しました。
その町長選から初めての町会議員選挙となります。
今回は、40代の女性2名、60代の男性1名の新人候補が名乗りを上げ、2名超過の大激戦の選挙戦となりそうです。
「豊かで住みよい聖籠町」を作る、といった政策を掲げている候補者が多く見受けられ、
特に若いファミリー世代には、「安心して子育てできる聖籠町を作る」とアピールする候補者も。
聖籠町議会では女性議員が2名しかおらず、女性銀のさらなる誕生を個人的には望みたいところです。
そして町議の年齢層を見ても高齢化が進んでおり、若い世代の町議が多く生まれることを期待したいと思います。

*新潟日報8月21日朝刊を参考にしました。

期日前投票・不在者投票が便利ですa

期日前投票

投票日の8月25日、仕事や旅行など都合で投票所へ行けないという方は、期日前投票を行うことができます。
自宅に郵送されてきた「入場券」を持って行くと、聖籠町役場1階会議室で投票ができます。
(入場券がなくても投票は可能)
期日前投票期間:8月21日(水曜)~8月24日 (土曜)
時間:午前8時30分~午後8時
場所:聖籠町役場1階 会議室

不在者投票

8月21日~8月25日までの間、他の市町村にいて聖籠町にはいないという方は、滞在場所の最寄りの市町村の選挙管理委員会で「不在者投票」を行うことができます。
投票用紙を滞在先に郵送する方法が採られるため、手続きに時間がかかります。

指定病院での投票も可能

県立新発田病院や豊栄病院などの指定病院や、はすがた園などの指定施設に入院・入所している方は、指定病院・指定施設で投票が可能です。

*聖籠町選挙管理委員会発行の「選挙特報」を参考にしました。

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。