聖籠町議選2019開票結果・14人の新町会議員が決まりました

2019年8月25日日曜日、任期満了に伴い行われた聖籠町町会議員選挙が終了し、即日開票の結果
14人の新しい町会議員が決まりました。
内訳は現職11名、新人3名で、女性議員は5名に増えました。

聖籠町町会議員選挙2019 開票結果

 

 

当落 氏名 得票数 年齢 得票数 所属ほか
当選 手嶋満 680 61 住職 無・新
当選 長谷川六男 658 65 町議 無・現
当選 小川益一郎 636 81 行政書士 無・現
当選 宮沢さやか 616 39 言語聴覚士 無・現
当選 伊藤千穂 580 47 会社員 無・新
当選 高松守雄 571 67 町議 無・現
当選 高崎美由貴 535 44 会社員 無・新
当選 青木順 533 38 町議 無・現
当選 五十嵐利栄 468 76 町議 無・現
当選 田中智之 437 54 会社役員 無・現
当選 須貝龍夫 432 67 町議 無・現
当選 中村恵美子 356 60 町議 共産・現
当選 宮沢光子 307 66 町議 無・現
当選 小川勝也 269 65 町議 無・現
落選 渡辺豊 220 69 町議 無・現
落選 田村冨美男 122 69 町議 無・現

*新潟日報8月26日朝刊を参考にしました。

今回の町議選のまとめ

・新人が3名当選し、うち2名が女性。
聖籠町議会では今回の選挙で、女性議員が5名になった。
・現職2名が落選。
・初出馬の手嶋満氏がトップ当選を果たした。
・年代別では、30代が2名、40代が2名、50代が1名、60代が7名、70代が1名、80代が1名。
14名の町議のうち、60代以上の高齢議員が9名と半数以上を占める。
・しかし女性町議の人数増と、60代現職2名の落選で、少しずつ世代や顔ぶれ交代の波がじわじわと来てい るように感じられる。
・当日有権者数:11401
投票者数:7487
投票率:65.67%
無効:65

新潟県内市町村議会の女性議員の割合がトップに

聖籠町議会では今回の町議選の結果を受け、女性議員の割合が35.7%と新潟県内でも一番多い自治体になりました。
早くも町民の間では「女性の声が町政に反映されやすくなるのではないか」と、期待を寄せる声が出ています。

投票率は過去最低に…

女性銀が増えた一方で、聖籠町町議選の投票率は今回65.67%と、過去最低を更新しました。
町民の町議会に対する関心の薄さがうかがえます。
こども園保育料無料など子育て支援策を充実させ、「子育てするなら聖籠町」と内外にアピールを地道に続けてきた結果、聖籠町では子育て世代の移住が増えてきました。
若い世代が住みやすく、町全体を盛り上げ活性化させていくためにも、今後の新町議の活動に注目が集まってくることでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。